施設・機器の利用

図書館 > 利用案内 >施設・機器の利用 

館内資料のコピー

図書館でのコピーは、著作権法第31条(図書館における複製)に基づき、許可されるものです。
コピー機は、図書館1階にコイン式のものが一台あります。
通常の白黒コピーは、1枚10円です。カラーコピーは1枚50円です。

著作権の保護期間の過ぎた資料をコピーする場合、著作権者から許諾を受けている場合を除き以下のことを守って下さい。

  • コピーの前に複写申込書に必要事項を記入し、資料とともにカウンターに提示し職員のチェックを受けて下さい。

  • 図書館のコピー機でコピーできるのは、図書館所蔵の資料のみです。私物はコピーできません。

  • コピーの範囲は、資料の一部分(原則として半分を超えない)に限ります。

  • 学術雑誌等に掲載された個々の記事や論文は、論文の全体をコピーできます。
    ただし刊行から3ヶ月以内の最新号は、論文全体のコピーはできません。

  • コピーは、一人につき一部のみ可能です。

  • 参考:
    大学図書館における著作権Q&A (PDFファイル)
    国公私立大学図書館協力委員会大学図書館著作権検討委員会

  • 著作権法第31条
  • (図書館等における複製)
    第三十一条  図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)におい ては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて 著作物を複製することができる。
    一  図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
    二  図書館資料の保存のため必要がある場合
    三  他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合


ノートパソコンの利用

図書館の1階と2階に、ノートパソコンを設置しています。また、カウンターで貸出もしています(館内利用のみ)。
関係者のご家族または地域市民として利用登録されている方は貸出できませんので、据え置きのノートパソコンをご利用ください。

  • ワード、エクセルなどによる文書作成ができるほか、館内で無線LANによるインターネット接続(本学のユーザ名とパスワードを持っている方が対象)ができます。

  • カウンターで学生証(図書館利用証)を提示して手続きをして下さい。

  • 長時間席を離れる場合や図書館外に出る場合には必ず返却してください。

  • 大学院生には、当日の閉館時まで館外へ持ち出し可能なノートパソコンの貸出をしています。学生証を提示の上カウンターで手続きしてください。


ラーニング・コモンズ

図書館1階のラーニング・コモンズは、グループで相談・議論しながら学習できるスペースです。
机やイスは自由に動かせます。電子黒板2台とホワイトボードも設置していますので活用してください。
ただし、他の利用者への配慮を忘れずにご利用をお願いします。


グループワークスペース(本学の学生・教職員が対象)

図書館1階と地下1階のグループワークスペースを、ゼミやグループでの勉強会にご利用いただけます。
図書館1階カウンターで利用申請書に記入してください。

  • 原則として、2名以上のグループで利用してください。

  • 予約優先です。事前の予約をお勧めします。 当月と翌月分までの予約申し込みを受け付けています。

  • 図書館の資料や貸出したノートパソコン(インターネット可)を持ち込めます。

  • 利用は1回3時間までです。(1時間の延長可)

  • ふた付き飲み物以外の飲食、大声での会話はご遠慮ください。

  • 授業での利用予約が入った場合、事前の予約をキャンセルさせていただく場合があります。あらかじめご了承下さい。


マルチメディアエリア

図書館の2階に、VHSビデオ、LD、DVD、CD、カセットブースがあります。
図書館所蔵のビデオ、LD、DVD等の視聴覚資料を視聴できます。手続きは不要です。