京都ノートルダム女子大学システム管理課

VPN接続

VPNとは

Virtual Private Network の略で、ご自宅などからインターネットを経由して、仮想的に大学の学内ネットワークに接続することができる技術です。 以前の手順よりセキュリティが強化されました。

VPN接続でできること

VPN接続を利用することにより、ご自宅のパソコンを学内ネットワークに直接接続することと同等の環境を実現することができます。
学内でのみ利用可能なアプリケーションソフトの利用が可能です。
・SPSS(統計解析ソフトウェア )の利用。
・学内限定の図書系データベース等のサービスの利用。

VPN接続を利用するには

(注)VPN利用のポリシーが2023年より変更されました。
利用を希望するユーザのみがVPNを使えるようになります。 Eメールによる多要素認証を導入します。

  • 本学の学生、教職員であること
  • VPN利用申し込みが完了していること 
  • ご自宅でインターネット接続サービスに加入・利用していること
  • ご自宅のパソコンを管理者権限で利用できること

以上の条件を満たしていてVPN接続の利用を希望する場合、次のフォームから申し込んでください。
VPN接続 利用申し込みフォーム(本学アカウントが必要です)

利用登録完了後、次の手順書を参考にご利用ください。
VPN接続利用手順書

自宅からSPSSを利用する

上記VPN接続利用手順の前に、SPSSのアプリケーションソフトをインストールします。SPSSのインストールについては、情報サポートまたはシステム管理課の窓口までお問い合わせください。

自宅から図書系サービスを利用する

学内限定の図書系データベース等のサービスを利用する場合、上記VPN接続利用手順に加えて、以下のプロキシの設定が必要です。
プロキシ設定_自宅でVPN接続時図書系サービスを使う(WindowsPC)
プロキシ設定_自宅でVPN接続時図書系サービスを使う(MacPC)