京都ノートルダム女子大学情報技術サービス・教育技術サービス

印刷について

各演習室および印刷室に設置されているプリンタにて印刷可能です。 なお、プリンタ用紙やトナーなど無駄を削減し、資源の有効利用を図るため印刷枚数の制限をしています。

印刷可能枚数

枚数は年度(4月1日~翌年3月31日)でカウントします。年度末でリセットされ、次年度への繰り越しはできません。

所属 印刷種別
モノクロ カラー
学部1~3年次生
研究生、非正規生
450枚 50枚
学部4年次生 1350枚 150枚
院生 1800枚 200枚
注意

白黒の印刷物をカラープリンタで出力する場合、「モノクロ設定」にしない限りカラーの印刷枚数としてカウントされます。

印刷枚数の確認

演習室のWindowでログオンした直後と印刷完了後に画面に現在の印刷枚数が表示されます。印刷状況を随時確認してください。
利用枚数が80%を超えると警告を表示します。規定上限枚数を超えると印刷できなくなります。

印刷枚数の追加

印刷枚数を追加する際には申請手続きが必要です。即時追加が難しい場合もありますので、印刷可能枚数を計画的に利用しましょう。 追加申請手続きは情報技術サービスの窓口でおこなってください。追加した枚数は年度内のみ有効です。次年度へ引き継ぐことはできません。

※印刷物の汚れなどプリンタ側が原因のミスがあった場合は、その枚数分のみ手続きなしで追加します。 学生証とミスのあった印刷物をもって情報サポートまたは情報技術サービス窓口まで申し出てください。
ただし利用者の操作に伴うミス(印刷ボタンを2回押すなど)については対象外となりますので、十分注意して操作してください。

節約

印刷前にプレビューで確認し不要なページのプリントをしない、2ページ分を1枚にまたは両面印刷するなどの工夫をして印刷枚数を 節約するよう努力しましょう。

※両面印刷は両面で枚数1枚とカウントされます。やむなく失敗してしまった用紙はプリンタ横のリサイクルボックスに入れてください。回収しリサイクルします。 ただし名前、住所、メールアドレス、電話番号など、個人情報が記載されている印刷物は失敗した印刷物でも必ず持ち帰ってください。

禁止事項

印刷用紙の持ち込みは禁止します。

リサイクルボックスについて

やむなく印刷に失敗してしまった用紙はプリンタ付近にあるリサイクルボックスに入れてください。回収し、リサイクルします。
ただし、氏名住所メールアドレスなど個人情報が記載されている印刷物は、個人情報漏洩の原因になりかねませんので、失敗した印刷物でも持ち帰ってください。