京都ノートルダム女子大学情報技術サービス・教育技術サービス

データの保存について

学内のコンピュータ(各演習室や貸出ノートパソコンなど)でデータを保存する場合は、マイドキュメントに保存してください。デスクトップに保存してもシャットダウン後すべて削除されます。
貸出ノートパソコンでのデータ保存についてはこちらを参照してください。

保存可能な容量

学内で個人のデータとして保存できる容量は次の通りです。

容量 含まれるデータ内容
200MB ・個人のマイドキュメント内のファイルデータ
・電子メール
・作成したWEBページファイル
・Linuxホーム

200MB の容量を超えるとファイルを保存することができなくなったり、メールの送受信でトラブルが発生したりします。 いらないファイルや電子メールはこまめに整理して削除することをお勧めします。

バックアップ(データの控え)

例えば、レポートや論文の提出日前日にデータが壊れ、しかもバックアップをとっていなかった場合、 どうなるでしょうか。印刷しておいた場合はそれを手がかりに文字を打ち直すことができますが、 印刷もしていなかった場合は、記憶を頼りに最初から書き直さなくてはなりません。

このような事態に備え、重要なデータは一カ所に保存するのではなくUSB メモリなどの外付け記憶媒体に必ず複 数バックアップをとっておくようにしましょう。

参考:USBメモリの取り外し方

USBメモリの取り外し方(pdfファイル)